全国版健康と美容の手引きのlpkg.org公式サイト

60代の男性の方々はマカを

「最近年のせいかアッチのほうが元気がないし快感もないんだよな」と性交渉好きの友人がこぼしていたが、よく聞くとオシッコの出も悪く、残尿感もあるという。そういえば私も友人と駅の公衆トイレに入ったとき、いつまでも小便が終わらない。私が済ませるまでに、他のアサガオでは3回は人が変わったな。混み合っているトイレで私の後ろに並んだ方、スミマセーン。これは尿道が圧迫されるためで、オシッコの出が悪くなり射精の勢いもなくなっているのである。そして性交渉の快感までが鈍くなるのだ。なんと50歳以上で50パーセントの人にこの症状の兆候かおるというからひとごとではない。その原因は不明だが、どうやら性交渉好きの人がなりやすく、データによると60歳以上で毎月の性交渉回数が「2回以上」と「1回以内」では圧倒的に「2回以上」の人に前立腺肥大が多かったそうである。今日活力を養うために60代の男性の方々はマカを補給するそうです。

[参考情報]
サントリーウエルネスオンライン通販のマカ 冬虫夏草配合
http://www.suntory-kenko.com/supplement/main/43355/
マカとは

ストレス解消にとりたい健康食品

厚生労働省が運営している働く人のメンタルヘルス・ポータルサイトがあるほど、現在はストレス社会だと言える。不安とストレスをやわらげる健康食品が、カバ(商品名はカバカバ)だ。迅速に効いて、低価格、安全というので、カバはヨーロッパとアメリカで大人気である。もともとポリネシア産の低木であるカバは、心に平安をもたらす神秘の薬として、三〇〇〇年も前からこの地方だけで知られていた。それが世界的に知られるようになったのは、一九世紀、ドイツの薬学者が淋病の治療にカバを利用してからだ。淋病に苦しむ船乗りの症状がカバを飲んで改善されたというのだ。じつにドイツでは、ペニシリンが発見された一九二八年まで、カバが淋病の治療薬として広く利用されていた。一九六〇年代になると、ドイツの生化学者は、カバに含まれる六種類の有効成分を分離し、カバラクトンと名づけた。なお、現在までに一五種類のカバラクトンが見つかっている。だが、カバの有効性が医学的にしっかりと確立するまでには、それから約二〇年が必要だった。アメリカのデューク大学精神医学部のジョナサンーデビッドソンは、外来患者の治療にカバを用いている。彼は、カバには、安心感や満足感を与え、心配ごとから解放し、痛みをやわらげ、筋肉をリラックスさせる効果があることを発表している。また、アメリカのバージニア州リッチモンド市の医師ニブヘイ・シンは、日常生活でストレスのかかっている健康な成人を対象に一日二四〇ミリグラムのカバを四週間にわたって服用するグループA、プラシーボ(偽薬)を服用するグループBに分けて、観察した。結果は、カバを服用したグループAの、人間関係、性格の問題、日常生活での煩雑さに由来するストレスが、著しく低下していた。カバがストレスや不安を抑えるのは、大脳辺縁系にあるアーモンドの形をした扁桃核に作用し、恐れのシグナルを弱めるからと理解されている。だが、そればかりでなく、カバは、脳のブレーキであるギャバ神経のはたらきを強めることで海馬や延髄の興奮を抑えている。さらに、カバはセロトニンのはたらきを高めて、不安を抑える。鎮痛作用についても、カバが痛みのシグナルを拡大する物質のプロスタグランジンの生産を抑えるためと理解されている。三〇〇〇年前の神秘の薬・カバは、現代でも人をリラックスさせ、豊かな気分にさせ、不安とストレスをとりのぞくのに役立っている。このため、カバには「平安の提供者」というニックネームがつけられている。

[参考]
健康食品・化粧品のサントリーウエルネスオンライン [公式通販]
http://www.suntory-kenko.com/
> 健康食品通販へ

エステティックサロンを取り巻くビジネス環境

エステティックサロンを取り巻くビジネス環境は、インターネットのユーザーが増えるにしたがって、大きく変わりました。インターネットが普及する前は、よい噂も悪い噂も、限られた範囲でしか広がりませんでした。たとえば、どこかの会社が九州でトラブルを起こしたとしても、よほど大きな事件にでもならないかぎり、東京や大阪、北海道のお客さまには知る方法がなかったわけです。ところが、今は違います。インターネットの口コミ情報サイトなどを通して、小さな不満や苦情も、場合によっては根拠のない中傷までもが、あっという間に全国に広がってしまいます。そういう面から考えると、企業にとっては恐ろしい時代となりました。口コミ・ネットワークの広がりが話題になり始めた当初、正直言って、私たちはさほど心配していませんでした。エステティックは、一般的に高額なうえに成果があいまいなため、トラブルの多いビジネスと考えられています。

ピンポイントで脂肪をやっつける注射

ダウンタイムがなく、ピンポイントで脂肪をやっつける注射です。フランスで開発され、ヨーロッパで大流行して、アメリカにこの治療法が紹介され、より洗練された形で日本に上陸しました。歴史のある欧州でも事故の報告はありません。ピンポイント脂肪溶解は、小さな針で部分的に注射を打つため、痛みはほとんどありません。やせたいところに数センチ間隔て少量ずつ注入します。時間にして十数分です。腫れは数日でおさまります。脂肪溶解作用は急速に効果を現すのでなく、マッサージとともに少しずつ、徐々に脂肪が溶けていきます。二週間くらいの間隔で数回注入してやると効果的。もちろん溶解させたい脂肪の量によって回数は変わってきます。それから脂肪吸引術をはじめるのです。
[おすすめサイト]脂肪吸引キャンペーン情報

電話での相談はまさに「はじめの一歩」

美容整形クリニックでは、専門のカウンセラーが皆様の悩みを電話でお聞きします。電話なら、より気軽に相談していただけますし、地方にお住まいの方でも、わざわざクリニックに来ていただく必要がありません。美容整形を考えている女性たちにとって、電話での相談はまさに「はじめの一歩」と言えます。ただし電話だけで判断するのは危険です。患者さんの中には、電話で手術料金を聞いて高いか安いかで決めたり、手術内容をこと細かに聞き出してどこのクリニックに行くのかを決めようとする人がいます。手術料金は美容整形医の技術力や、患者さんの満足度で決まるもの。洋服を買うときでも値段を聞いただけでは、買うべきかどうか判断できないでしょう。素材、色、デザイン、縫製具合、着心地などすべてをふまえて、高いかどうかが判断できるわけです。美容整形ならば、なおさらのことです。